糊について・・・

 糊には、接着剤と粘着剤がありますが、ラベルでは主に粘着剤が使用されています。この粘着剤には被着体(貼り付ける対象物)や使用条件に合せて様々な種類があります。尚、糊の説明のためサンプル写真等はありません。

標準タイプ

表面材としては、紙製品とフィルム製品があります。永久接着タイブ(被着体に貼った後、剥がそうとすると表面材が破れるか、糊が被着体に残る)の糊を使用しています。一般のラベルには主にこの糊が使われています。

再剥離タイプ

非転着タイプ(貼り付けた後、不要になった時に剥がす場合、糊残りがなく再剥離が可能)の糊を使用しています。商品に直接貼り付け、販売後ユーザーが貼ってあるシールを容易に剥がす事ができます。

強粘着タイプ

初期接着(貼った直後の粘着力)が強く、べたつきの強いタイプ。ラベルを強く押しつけて貼りつけることができないような箇所に使用します。

粗面用

砥石、コンクリートブロック等、被着面が平滑でない場合に使用します。糊は比較的柔らかいタイプで初期接着力が強く、粗面にも糊が食い込んでいきます。被着面の粗さにより粗面用、超粗面用があります。

PP・PE用

PP(ポリプロピレン)やPE(ポリエチレン)等無極性のプラスチック(ロウソクのロウに似た性質を有する)には一般の糊は着きにくいので、これらにもよく着く様に開発されたタイブです。PP・PEの容器、玩具等に使用します。

繊維用

繊維製品に直接貼り付けても、剥がした時に糊残りがなく、繊維の染料を侵して変色させることが無いタイプです。衣類、カーテン等の繊維製品に使用します。

冷凍食品タイプ

冷凍食品のパッケージ等表面が凍結している面や、ポリコートした包材にも接着し、低温での作業性も良好です。冷凍食品のパッケージ、寒冷地で使用するラベルに適応します。

耐水タイプ

被着体に貼り付けた後、水等がかかり濡れても剥れる事がありません。シャンプー容器、水槽等に使用します。

水溶性タイプ

ラベル・シールを使用後、冷水または温水で粘着剤を容易に洗い落とすことができます。表面材の紙にも水に溶解可能なタイプがあります。食器、陶器、ガラスビン等の表示ラベルで使用します。

訂正貼用

永久接着タイプの粘着剤に特殊アルミ粉末を練り込み、糊の隠ぺい力を高めたタイプです。印刷物や書類の訂正箇所に貼ると下の部分が全く透けて見えず、その上から訂正文字を記入できます。

耐可塑剤用

可塑剤を多く含む軟質塩ビ等に一般のラベルを使用しますと、塩ビに含まれた可塑剤が徐々に粘着剤の中に移行します。このため粘着剤は、ベタベタになって、はみ出したり、剥れたりし、著しい糊残りが生じます。これを防ぐために開発された粘着剤です。ビニール玩具、ビニールレザー商品等に使用します。

超耐熱タイプ

被着体に貼りつけた後、高温に曝されても粘着剤が表面に含侵したり、剥がれ落ちる事がありません。電気機器、自動車のエンジンルーム内、湯沸し器用ラベル等高温になる箇所や危険のある箇所に使用します。

 

 糊付きラベルにご興味がある方、疑問がある方はまず、お近くの事業所までお問い合わせ下さい。

糊付きラベルに戻る。

ラベル見本を見る

その他ラベルを自由にデザインしたり印刷を社内で自動化したい方

 

 LABELmenuへ戻る。menuへ戻る。

 e-mail info@yashima-co.com